共通文書を他のページ埋め込むプラグインInsert Pagesの便利な使い方!

ワードプレスで共通文書を他のページ埋め込みたいなと思うことが多々ありました。

理由はコピペでアフィリエイトページの量産をやっているとテンプレートの文言変更が変更になった時とか超面倒・・・

修正量にもよりますが、置換する可能性が高いと予めわかっているなら、相応の対応をしておくのが良いと考えます。

今、使っているCocoonには便利なテンプレート機能があるので、最初から参照形式のテンプレートを作って一括管理しておけば差し替えがあってもそんなに面倒じゃないのですが、この機能無い人はどうしてるんだろう?

って思って検索してみても、検索の仕方が悪いのか、それほど便利だと感じる人がいないのかわかりませんが、中々、求める情報が出て来ませんでした・・・

なので、僕がイケると思った「Insert Pages」プラグインについて説明して行きます。

スポンサーリンク

Insert Pagesで何が出来るのか?

Insert Pagesは、事前に作った記事を参照形式で他の記事に挿入する事が出来ます。

参照形式って何よ?

参照形式って言うのは、実態の別の記事を参照する形で他の記事に埋め込みます。
つまりこういう事

ツイッターを記事に埋め込むとツイッターが記事内に表示されますよね。
そして、埋め込んだツイッターの大元に変更があった場合、埋め込まれた記事も自動で変更されます。
ツイッターが削除された、記事に埋め込んだツイッターも削除されて表示されなくなります。

これと同じ事を自分のワードプレスの記事内でやりましょうって事です。

それが出来ると何が嬉しいのか?

僕が嬉しいのは、量産してばら撒いた記事内のアフィリエイトリンクや文言変更が一瞬で正確に出来る事です。

埋め込まれている記事の修正が抜け落ちる事がありません。

コピペと参照(埋め込み)の違いは?

参照とコピペ何が違うのか?って事ですが、多分、多くの人が使った事あるであろうエクセルで例えてみます。

セルに「メロンが好き」って並んでます。

では、数式を見てみましょう

こんな感じになっています。

左側は値をコピペしてあるので、「メロンが好き」を「カレーが好き」に変更しようと思った場合、全部コピペで変更する必要があります。

右側の場合は、他のセルが一番上のセルの内容を参照してセルに値を表示していますので、参照元のセルの値を変更すれば他のセルの内容が全て変更されます。

これが、コピペと参照との違いです。

エクセルネタになりますが、データ量が少ない場合は値を直接変更するでも問題ありませんが、大規模な表で同じ値を使いまわす場合は参照を積極的に使う事により、表のメンテナンスコストが圧倒的に減る時があります。

それではINSERT PAGEを使ってみましょう!

手順

  1. Insert Pagesプラグインをインストールして有効化する
  2. ベースとなるテンプレート記事を固定ページに書く(※固定ページじゃなくても良い)
  3. 通常記事(固定ページ)にタグを埋め込んで行く

Insert Pagesプラグインをインストールして有効化する

プラグイン追加の画面でINSERTPAGEを検索してインストールしてください

ベースとなるテンプレート記事を作る

今回、ヘッダー、訴求、注意書きの3記事作ってみます。

ヘッダー部分

訴求部分

注意書き部分

固定記事一覧を確認

タイトルも挿入する事が出来ますがとりあえず。

今回、3つパートを作りました。

投稿記事に埋め込む

エディターを開いて青丸アイコンをクリック


※無い時はInsert Pagesが有効になっていません。

タグを挿入

さっき作った固定ページのタイトルが出て来るので、使いたい記事タイトルを選びます。

黄色部分は作った記事の何を埋め込むかが選択できるんですが、今回は本文のみを使いたいので、「Content」を選択

挿入が終わるとこんな感じなってます。

以上で量産ページが出来ました。

生成された画面

3つのタグを挿入しただけでこのページが出来上がってきます。

訴求部分を変更してみましょう

このページは、3つのページで構成されています。

今回は、パート2の訴求部分を変更しますので相応した固定ページを開きます。

パート2の部分を下記のように変更して保存します。

変更された投稿ページ

第2パートの訴求部分が変更されている事が確認できます。

何百ページあっても同じテンプレートを使っていれば全てのページの記事が一括で変更出来てしまいます。

この機能って滅茶苦茶便利だと思ったんですけど、そんなことないのかな・・・なんて思ったりしました。

まとめ

今回、Insert Pagesを紹介しました。

参照形式ってエクセルとか色々な所で使われているんですが、未だに参照を使ったら便利な所をコピペですましている人が多くいます。

今回検索していて思ったのは、そもそも、参照形式の便利さを知らない人が多いんじゃないかって事です。

勿論、メリットデメリットもありますが、メリットのある事の方が多いのでワードプレスに限らず、参照形式(言い方違うかも・・・)を意識してみると仕事が早くなります!

似たような機能を実現するプラグインとして、「TinyMCE Templates」と言うのがありますので、どちらが好みか試してみると良いかと思います。

AFFINGER PACK3(WING対応)なんかも似たような便利な機能が実装されいます。

あと、今回、参照と埋め込みって言葉を自分のイメージで適当に使用していますが、用語的におかしい事があったら申し訳ありません。

コメント