メルマガ

副業で毎月30万の裏側をメルマガで公開中

メルマガ登録はこちら

副業がバレない確定申告のやり方は?手渡しだからって安心しちゃ駄目!

こんにちは!

会社員として働いていると、会社にバレるのが怖くて副業が出来ないと言うかとも多いのではないでしょうか?

公務員は副業が法律で禁じられているのでやってはダメですが、会社員の方も注意点を守っていれば、ほぼ、バレる事は無いと思いますので、副業ライフを楽しんで頂ければと思ってこの記事を書きました。

副業がバレにくい方法をいくつか紹介したいと思います。
※絶対にバレないと言うわけではありません。

会社の同僚には絶対に言わない

まず、大前提となるとは会社の同僚には絶対に言わないこと。

仲の良い同僚にも言わない方が良いでしょう。

どこでポロッとなるかわかりませんので、自分から言うことは絶対にしないようにしましょう。

特にある程度稼げるようになってきて、いくら稼いでいるんだよ−とかは絶対に言っちゃ駄目です。

脳科学的に人は他人の幸福を妬むものらしいので、いくら稼いでいるというのは妬みの対象となります。

その妬みから会社への密告となるのは、自然な話です。

確定申告に注意する

次に確定申告をする場合、住民税の徴収方法を普通徴収にする事。

住民税は通常、特別徴収と言って給料から天引されるようになっています

なので、だいたい、年齢応じて住民税額って言うのは横並びになってきます。

それが、副業で所得が多くなった部分、余分に徴収されれば給与支払い担当者はアレ?って思ったりして、調査が入ったりするものです。

確定申告の時に普通徴収を選択すれば、副業部分の住民税が給料天引きでなく、自分で納付するタイプになります。

ただし、一部例外があるようです。

 1.副業の収入が給与所得の場合

何処の会社に雇われて給与として処理されている場合、支払い元の会社の処理方法によって特別徴収される事が多いようです。

源泉徴収や社会保険等で、その他にも色々と足がつく可能性が高いので、バレずに副業をやりたい場合、人雇われて給与として収入を得ることはやらない方が良いです。

キャバクラ等、風俗業は個人事業主として、報酬として支払われる事が多いようなので雇われている感じだけど、実際は雇われてはいない感じの事が多いです。

この辺は、支払い元の会社に給与所得かどうか聞いてみると良いでしょう。


 2.ふるさと納税や住宅ローン減税などの控除がある場合

これは、ケースバイケースのようなのですが、
 「副業所得によって生じる住民税額<ふるさと納税等の税額控除の金額」となる場合には、普通徴収されずに特別徴収の対象となることがあります。
 特に、2015年からはふるさと納税の枠が拡大した上、ワンストップ特例制度によって住民税からの控除が大きくなるケースが多い為、こちらも注意したいところです。

引用:https://money-lifehack.com/working/4323


3.赤字申告した場合

 事業所得として赤字申告を行うと、損益通算で住民税が安くなります。

これも、だいたい同じはずの住民税が安くなるので給与担当者がアレ?って思うことがあります。

会社にバレるばれないもそうですが、これは税務署に突っ込まれる可能性がありますので注意しましょう!

 以上3つが住民税絡みでバレやすいと言われていますが、ぶっちゃけ人に雇われて発生する給与所得はたかが知れていているので、余程暇な経理担当じゃないと気付かないんじゃないかと思っています。

PCのアクセス履歴に注意

PCを使って副業をやっている場合で会社のPCを使う場合があるときは注意しましょう。

同じサイトへのアクセスが異常に多くなると、暇なネットワーク管理者がアクセス履歴を不審に思うことがあります。

 

生活を急に変えない

副業で稼げるようになって使えるお金が増えたからと言って、派手に使っては人の妬みから~密告と言う黄金パターンに陥るので、急に派手な生活をするのは止めましょう!

それに、変な使い方をしても後々空しいだけなので、何故、このお金を手にした、手にする事が出来たのかを考えて有効に活用して行くのがその後の人生にも関わってきます。

散財は止めましょう!でも、ケチにはならないでくださいね!

まとめ

  • 同僚に言わない
  • なるべく給与所得として貰わない
  • 確定申告を注意する
  • 会社からのPCのアクセスに注意する
  • 生活を急に変えない(質素に生活)

以上が副業を会社にバレにくくする方法ですが、絶対って言う方法はありません。

いずれにしろ、爆発的に稼いでいなければそんなに問題にならないんじゃないかと思いますが、バレちゃった時の為にいくつか言い訳を用意しておくのがお勧めです。

例えば、家にゴルフ会員権があって売却したら売却益が出てしまった等、税金絡みで気付かれた場合、それ以上突っ込んで来ることないと思いますので、1回か2回くらいならなんとか凌げると思います。

ただ、同僚からバレたとかは結構、ネチネチ来る可能性がありますので、本当に気を付けた方が良いでしょうね。

あと、会社の就業規則を良く読んでおくと良いと思います。

ちなみに、僕が勤めている会社の場合は、兼業禁止とは書いておらず、許可なく人に雇われては行けないとか、他社の役員になってはいけないとかが書いてありました。

ってことは、人に雇われてもおらず、役員でも無い、個人事業主はOKって事なのかなと。

何か言われたら、就業規則には抵触してない事をアピールしようと思っています。

それでも立ち行かなくなったら辞めれば良いやって位の気持ちになれるくらい稼げるようになれば良いんでしょって思いながら日々、過ごしています。

でわでわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です