メルマガ

副業で毎月30万の裏側をメルマガで公開中

メルマガ登録はこちら

FBA在庫量(棚卸資産)を把握して確定申告を乗り切ろう

今日はFBAの在庫金額(棚卸資産)の把握方法について簡単に説明したいと思います。

 

Amazonには強力なレポート機能がある為、そのレポート機能を活用します。

 

もし、在庫数を把握するのに売れたらエクセルの在庫をハンド処理で増減を行っている人がいましたら、この方法はお勧めです!

 

この方法は色々と応用が出来ますので、是非、覚えて貰いたい技です。

 

自分で用意しなくてはいけない情報が一つあります。それはSKU毎のコスト(原価)です。

 

コストについては、各自色々な考えがありますが、私の場合で仕入価格でやっているので、それで行います。

 

それでは始めましょう!!

 

1.SKU毎のコストが記載されているファイルを用意します。

コストが入っていれば、レイアウトはなんでも良いですが、今回はSKUとコストのみの物を例に説明します。

2.セラーセントラルからFBA在庫情報のダウンロード

スライド1スライド2

スライド3

3.エクセルにダウンロードしたファイルを読み込む

スライド4 スライド5 スライド6 スライド7  スライド8

4.エクセルを1度保存する

スライド9

5.新しいシートを追加して事前に準備した原価データを貼り付ける 

スライド10

6.エクセルのVLOOKUP関数を使って原価データと在庫データを結びつける

スライド11 スライド12 スライド13 これで、FBA在庫と原価のデータが結び付きました。次は仕上げを行います。

7.エラー処理

スライド14

8.完成

スライド15 これで、めでたく在庫金額を算出する事が出来ました。 このVLOOKUP関数と言うのは、色々と活用できますので、絶対に覚えておいた方が良い、エクセルの機能です。

自己発送の在庫金額や売価ベースの計算も同じような要領で行う事が出来ます。

何かわからない事や、もっと詳しく知りたい事があれば気軽に連絡をください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です